未経験可&スキル不問の看護師転職・求人情報サイト

履歴書を書こう

原則は手書き

 

 職種にもよりますが、介護関係であれば丁寧な手書きの文章が原則です。担当者は、字がきれいかどうかよりも、丁寧に書かれているのかを見ます。そうはいってもあまりにも字に自信がないというのであれば、ワードで作成しましょう。

 

黒のボールペン、または万年筆

 

 鉛筆書きといった例があるそうですが、社会人としての人間性を疑われます。サインペンや太いマジックも同じです。黒あるいは青のボールペン、または万年筆で丁寧に書きましょう。

 

誤字脱字に注意

 

 字の間違い、修正液を使用した後、間違えた箇所を線で消して訂正する、といった行為は言語道断。それだけで印象はマイナスになります。間違えたら必ず書き直してください。

 

履歴書の使いまわし、コピーはしない

 

 日付などで、履歴書の使いまわしは簡単にバレるもの。担当者は自社が軽く見られていると取ります。コピーも同様です。

 

写真は必ず添付

 

 最近では写真添付の指示のない履歴書もあります。しかし、写真は必ず添付してください。非常識と取られます。また、その際、スピード写真は避けましょう。なるべく写真館や専門店で撮影してください。特に面接時に持参するのではなく、先に郵送する場合は、あなたへの第一印象が写真になります。注意してください。

 

内容は詳しく丁寧に

 

 例えば学生時代部活動で活躍しているのなら、地方大会での成績や部活動の自分のポジション、趣味であれば資格を目指しているなど、あなた自身が初対面の担当者に理解できるように、詳しく書きましょう。但し、日記ではないということに注意してください。